POWERED BY GOOGLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濡れたメディアからのデータ復旧

CDやDVDなど、ぬれてしまったメディアデータ復旧対処法

これらは、やコーヒーなどの液体をこぼしても柔らかい布などでふき取ってやれば大丈夫ですよ。なぜなら、CDDVDなどは樹脂でコーキングされているからです。また、ハードディスクはアルミのケースに収められているうえに、パソコンの内部に格納されているので、まず大丈夫。

磁気メディア・フロッピーディスクやMOディスクがぬれてしまったときのデータ復旧対処法

でも、フロッピーディスクMOディスクなどはなどの液体をこぼしてしまうと、これは大変なことになります。なぜなら、フロッピーディスクやMOディスクは磁気メディアなので、磁気メディア液体に非常に弱いものであるからです。液体をこぼしてしまった磁気メディアから確実にデータ復旧をしたいのであれば、分をできる限り取り除かねばなりません。
分を取り除くといっても、ドライヤーを使うなど、熱で分を蒸発させることは避けたほうが賢明のようです。なぜなら磁気メディアは熱にも弱いから。

磁気メディアから分を取り除く方法

まずは、乾いた布や脱脂綿、吸湿性の高いティッシュやキッチンペーパーを使用するといいようです。
ただし、ここでの注意点は、拭いたりこすったりしてはいけません。
水分が除去できたら、できる限り常温で自然乾燥させることがより確実なデータ復旧につながるようです。

もし運がよければ、中のファイルを読み込むことができるかもしれませんね。
しかし、この状態は、一時的に読み込むことが出来ているだけかもしれないので、完全なデータ復旧とはいえません。
直ちにに他のメディアにバックアップをとったほうがいいようです。
なお、一度液体をかぶってしまったメディアは使わないほうが賢しこい選択です。
スポンサーサイト

アプリケーションデータのデータ復旧

エクセルワードの復旧方法

アプリケーションデータは、それぞれ専用のフォーマットで作成されてますので、決められたアプリケーションで開くことが前提となっています。
例えば、ファイル拡張子が「.doc」になっている場合はワードで、「.xls」になっているファイルはエクセルで開くことが一般的です。
そのため、それらの専用のアプリケーションが正常に動作しないと、ファイルそのものを開くことができないことがあります。
また、これらのファイルの大半は、データが部分的に破損してしまっただけでも、ファイルそのものを開くことができなくなります。
アプリケーションに問題があるならば、アプリケーションを再起動させてみます。
ファイルが破損しているのであれば、ファイル修復ツールで修復するのもいいかもしれません。

アプリケーションデータにはその元になるファイルフォーマットがあります。
エクセルならばCSV形式です。
ワードならばRTF形式と呼ばれるファイルフォーマットがそれにあたります。
ファイルが開かない時は、データ復旧する方法として拡張子を変えて読み込んでみるのもいいかもしれません。
エクセルならば「.xls」という拡張子を「.csv」に変更します。ワードならば「.doc」という拡張子を「.rtf」に変更します。
エクセルデータをAccessで読み込んでデータ復旧するという方法もあります。
Accessはデータテーブルとしてエクセルデータを取り扱うことができます。
それを利用すれば、エクセルでは読み込めなかったデータのデータ復旧が可能なことがあるようです。

データ復旧の考え方

Windows起動しない

パソコンのハードディスクが物理的に故障していなくても、システムファイルやレジストリの破損などでWindows起動しなくなる時があります。そうなると、データを読み込むことができません。しかし、物理的な故障と違ってデータが消えてしまったわけでもありませんので、対処することができます。
Winwowsを修復すれば、データ復旧することが可能になります。
ここでの注意点はWindowsが修復する過程でハードディスクの中のデータが消えてしまう可能性があるということ。
セーフモードでWindows起動しない場合は、データ復旧するのは難しいようです。
そのため、多くの場合Windowsを再インストールすることになります。
パソコンの多くはWindowsだけをインストールするのではなく、リカバリーディスクを使ってハードディスク全体を初期状態に戻してしまいます。
そのため、Windowsを復旧しようとすると大事なデータまで消えてしまうことになります。
そこで、大切なデータを失わないためにリカバリーディスクを使う前には何らかの形で、データのバックアップを取る必要があります。対処法として、外付けのハードディスクにコピーしたり、CD-RやDVDにコピーしたりします。

Windowsが起動しない状態でデータを取り出すのは難しいのですが、そのときにちょっとしたコツがいるようです。
Windowsが起動しないのにどうやってファイルをコピーするのか、という疑問もでてきます。
しかし、ハードディスク内のシステムが壊れていてもCD-ROMからパソコンを起動させることが出来るのです。

データ復旧時の保存先

データ復旧保存先はどこがいいのか

データ復旧の段階で問題となるのが、「データ復旧保存先はどこか」、
どこにデータ復旧するのかということです。
今の時代のハードディスクは100GB以上であることが当たり前になっておりますので、そこに保存されるデータの量は膨大になります。
特に動画データや音楽データなどはデータ量が非常に多くなりがちです。
例えば、ハードディスクの容量が40GBであったとすれば、DVDならば12枚、CD-Rならば60枚もの量が必要になります。
作業の手間と時間を天秤にかけると、データ復旧保存先ハードディスクにするのが現実的のようです。

外付けハードディスクに保存する場合の費用


100GB以上の外付けハードディスクなら費用は1万円前後で購入ができます。
作業は多少面倒ですが、デスクトップパソコンであるなら、内蔵型ハードディスクも使用できます。
ハードディスクならデータ復旧後も増え続けるデータの保存用として再利用することもできます。

2台目のハードディスクがない場合でもデータ復旧できる


パソコンに内蔵されたハードディスクの構造によっては、2台目のハードディスクがなくてもデータ復旧できることがあります。
ハードディスクが複数の領域に分割され、Cドライブの他にDドライブがあるような場合です。
Windowsの復旧に使用するリカバリーディスクはCドライブだけを初期状態に戻すことが一般的です。
同じハードディスク内であってもDドライブのデータは保持されます。
そこで、Cドライブ中の消えてしまっては困る大切なデータはDドライブに予めコピーしておくのです。
この方法を使えば、リカバリーを行ってもデータは残ることになります。

データ復旧用のバックアップデータ

Windowsのデータ復旧

Windowsが起動しない時にWindowsの再インストールを行います。
Windowsの復元後に、データ復旧を行いますが、データ復旧用のデータはパソコン上の何処に保存されているか憶えていますか?
データのバックアップをとる際に、そのデータがどこに保存されているのか知らないならばデータをコピーすることはできませんね。
データ復旧に使う重要なデータがどこのフォルダーに保存されているのかを知るためには、Windowsのフォルダ構造をある程度理解しておかないといけません。

Windowsの特殊フォルダ


例えば、データはマイドキュメントやデスクトップに保存するのが一般的になっていますが、こうしたフォルダはユーザーが利用しやすいようにWindowsが設定した特殊フォルダとなっているのです。
デスクトップもマイドキュメントもCドライブにある「Documents and Setting」というフォルダの中にあります。
Windowsが正常に稼動している間は、そのような特殊なフォルダがどこに存在するのかを特に意識する必要はありませんが、Windowsになにがしかのトラブルが発生した時は特殊なフォルダの正確な位置を知らないと残念ながらデータの救出はできません。
そして、データ復旧するために救出するデータはマイドキュメントやデスクトップだけではないはずです。他にも、あなたが、常に使用しているブックマークやメール、IMEのユーザー辞書、お気に入りの登録なども重要であると考えられます。
こうしたデータがどこに保存されているのか、正常にウインドウズ等が稼動しているうちにある程度確認しておいたほうがいいかもしれません。

| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

データ復旧フリーソフト

Author:データ復旧フリーソフト
データ復旧方法の紹介とデータ復旧フリーソフトを使い復旧する方法をお伝えします。

データ復旧の記事

データ復旧のカテゴリー

POWERED BY GOOGLE

ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。