POWERED BY GOOGLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ復旧時の保存先

データ復旧保存先はどこがいいのか

データ復旧の段階で問題となるのが、「データ復旧保存先はどこか」、
どこにデータ復旧するのかということです。
今の時代のハードディスクは100GB以上であることが当たり前になっておりますので、そこに保存されるデータの量は膨大になります。
特に動画データや音楽データなどはデータ量が非常に多くなりがちです。
例えば、ハードディスクの容量が40GBであったとすれば、DVDならば12枚、CD-Rならば60枚もの量が必要になります。
作業の手間と時間を天秤にかけると、データ復旧保存先ハードディスクにするのが現実的のようです。

外付けハードディスクに保存する場合の費用


100GB以上の外付けハードディスクなら費用は1万円前後で購入ができます。
作業は多少面倒ですが、デスクトップパソコンであるなら、内蔵型ハードディスクも使用できます。
ハードディスクならデータ復旧後も増え続けるデータの保存用として再利用することもできます。

2台目のハードディスクがない場合でもデータ復旧できる


パソコンに内蔵されたハードディスクの構造によっては、2台目のハードディスクがなくてもデータ復旧できることがあります。
ハードディスクが複数の領域に分割され、Cドライブの他にDドライブがあるような場合です。
Windowsの復旧に使用するリカバリーディスクはCドライブだけを初期状態に戻すことが一般的です。
同じハードディスク内であってもDドライブのデータは保持されます。
そこで、Cドライブ中の消えてしまっては困る大切なデータはDドライブに予めコピーしておくのです。
この方法を使えば、リカバリーを行ってもデータは残ることになります。
スポンサーサイト

データ復旧フリーソフトの案内

データ復旧フリーソフト無料でWeb上に数多く公開されていますね。何と言っても無料ということが最大の魅力ですよね。このデータ復旧フリーソフトには色々種類があります。ただ、自分の責任で行わなくてはいけないのがネックになってなかなか難しいとお考えの方も多いと思います。手順や使い方を熟読して、実行しましょう。

データ復旧目的別フリーソフトの種類には次のようなものがあります。


◆ファイルシステムの復旧を行う
◆フォーマットしてしまったHDD(ハードディスク)の復旧を行う
◆パーテーションが壊れたHDD(ハードディスク)の復旧を行う
◆消去してしまったファイルの復旧を行う
◆削除してしまったEメールの復旧を行う
◆削除してしまったデジカメデータの復旧を行う

データ復旧フリーソフト紹介


データ復旧R for NTFS β


http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se426732.html
データ復旧無料ソフト フォーマット、データ消去からでも復活 ファイル名や拡張子からも救出可能
となっています。パソコンのデータを誤って削除した時に活用できます。

ファイナルデータ2007 特別復元版


http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se327310.html
復元ソフト7年連続シェアNo.1!無料お試しができます。致命的なデータ喪失時に事前インストール不要で復元。 

Super ファイル復活 3 コンプリート ダウンロード版


http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se323314.html
「まさか!!」の削除ファイルを緊急復元!する先進技術のファイル復活(復元)ソフトです。
うっかり、まだ使うかもしれないデータが入っている「ごみ箱」を空にしてしまった場合。大切なデジカメや音楽のファイルを消してしまった場合。突然パソコンがクラッシュしてデータが消えてしまった場合。誤ってドライブやパーティションをフォーマットしてしまった場合など削除や消失したファイルを簡単に復活できる高度で使いやすいファイル復活ソフト。

ファイナルデータ フォトリカバリー2007


http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se440190.html
デジタルカメラやカメラ付携帯などの画像・音楽・動画データ等を復元します。 Windows Vista対応版!デジタルカメラやカメラ付き携帯で誤って消去してしまった各種メディアやハードディスクの画像・音楽・動画データを復元!

このようなデータ復旧フリーソフトは、OSが立ち上がることが前提に設計されています。ハードディスクのデータを復旧させるフリーソフトは理解できそうなものから、かなり難解のものまで、上記以外にもいろいろあります。作業過程で、手違いがあるとなかなか、復旧出来ないばかりか、更に悪化させる方向にいくかもしれないリスクもあります。フリーソフト使用は自己責任でおねがいします。

有償サービスを利用してデータ復旧を行う

ハードディスクがクラッシュした場合の対処法

いろいろな市販ソフトを試しても、どうしても自分でデータ復旧ができない場合があります。重大な論理障害が発生したような場合、市販ソフトでのデータ復旧にも限界があり、また、フリーソフトでは、もはや復活不能になります。
そして、物理的にハードディスクが相当なダメージを受けてクラッシュしてしまったような場合も頻繁にはおこりませんが、機械ですからありますね。
このハードディスクは非常に精密な機械であるため、ちょっとかじったぐらいの技術で個人で分解できるようなものではありません。
専門の設備や技術を持たない人が、クラッシュしたハードディスクからデータ復旧を行うことはまったくもって不可能といえるでしょう。

有償でデータ復旧のサービスがある


そのような場合はデータ復旧の専門業者に委託して有償でデータ復旧のサービスを受ける最終手段をとることになります。
まだまだ一般的ではありませんが、法人のユーザーを中心にこれらの有償サービスを受けて会社の重要事項の紛失を防いでいることがあるようです。
法人の運営上必要不可欠なデータであるので、なんとしてもデータ復旧しなければならない、といようなケースがこれにあたるでしょう。

有償データ復旧サービスの費用


これらの有償サービスは市販ソフトよりかなり高額となることがほとんどです。内容にもよりますが、数万円から数十万円必要といわれています。費用が高額なため、データ復旧したいファイルの重要度と、それが復旧できない場合の損失とを天秤にかける(費用対効果を計る)ことになります。

ただし、ここでも前回お伝えしたように、費用をかけたからといって必ずデータが復旧できるわけではないので費用の損失のリスクにも注意が必要となります。
また、データ復旧の確率は委託先の設備や技術力によっても異なってくるでしょう。
有償データ復旧のメリットやデメリット、費用などさまざまなことを考えなくてはならないようです。

データ復旧用のバックアップデータ

Windowsのデータ復旧

Windowsが起動しない時にWindowsの再インストールを行います。
Windowsの復元後に、データ復旧を行いますが、データ復旧用のデータはパソコン上の何処に保存されているか憶えていますか?
データのバックアップをとる際に、そのデータがどこに保存されているのか知らないならばデータをコピーすることはできませんね。
データ復旧に使う重要なデータがどこのフォルダーに保存されているのかを知るためには、Windowsのフォルダ構造をある程度理解しておかないといけません。

Windowsの特殊フォルダ


例えば、データはマイドキュメントやデスクトップに保存するのが一般的になっていますが、こうしたフォルダはユーザーが利用しやすいようにWindowsが設定した特殊フォルダとなっているのです。
デスクトップもマイドキュメントもCドライブにある「Documents and Setting」というフォルダの中にあります。
Windowsが正常に稼動している間は、そのような特殊なフォルダがどこに存在するのかを特に意識する必要はありませんが、Windowsになにがしかのトラブルが発生した時は特殊なフォルダの正確な位置を知らないと残念ながらデータの救出はできません。
そして、データ復旧するために救出するデータはマイドキュメントやデスクトップだけではないはずです。他にも、あなたが、常に使用しているブックマークやメール、IMEのユーザー辞書、お気に入りの登録なども重要であると考えられます。
こうしたデータがどこに保存されているのか、正常にウインドウズ等が稼動しているうちにある程度確認しておいたほうがいいかもしれません。

データ復旧ソフト

データ復旧をするための市販ソフト

データ復旧ソフトにはさまざまな種類があります。数ある種類市販ソフトの中からどの種類を購入するかは、正直非常に迷うところがあります。
しかし、基本的な考え方として、何のデータを復旧したいのか、購入資金の予算はどれくらいか、という基準で決めれば良いと思います。
オールマイティなタイプや、メール専用タイプ用、写真データ専用タイプなど様々な種類があります。

ソフトの値段についても上記の機能を限定させることで安かったり、機能に多少幅を持たせることで高かったりします。
ただ、欲しいソフトが決まってもすぐに購入しないようがいいようです。よくあることで、購入したのはいいけれど結局自分で復旧できなかった、といこともあるからです。

ファイナルデータという市販のデータ復旧用ソフトをご存知ですか。
インターネットで「ファイナルデータ」と検索してみると多くのシリーズが出てくると思います。
このソフトの特徴は、購入前に復旧したいデータや復元したいファイルが本当に復旧できるかどうか確認することができるので重宝します。
まず、商品のホームページにアクセスしてあなたが購入予定のソフトの体験版をダウンロードするのです。
その方法を使ってデータ復旧が可能と判断されてから購入を決めても、決して遅くはないと思いますよ。

ただし、体験版を使用して復旧可能と判断された場合でもいざ自分で復旧しようとしたら何かの理由で出来ないこともありますので・・・。
絶対にデータ復旧ができる、ということではないということだけは十分に注意して自己責任のうえデータ復旧に対処しないといけません。

| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

データ復旧フリーソフト

Author:データ復旧フリーソフト
データ復旧方法の紹介とデータ復旧フリーソフトを使い復旧する方法をお伝えします。

データ復旧の記事

データ復旧のカテゴリー

POWERED BY GOOGLE

ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。