POWERED BY GOOGLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ復旧時の保存先

データ復旧保存先はどこがいいのか

データ復旧の段階で問題となるのが、「データ復旧保存先はどこか」、
どこにデータ復旧するのかということです。
今の時代のハードディスクは100GB以上であることが当たり前になっておりますので、そこに保存されるデータの量は膨大になります。
特に動画データや音楽データなどはデータ量が非常に多くなりがちです。
例えば、ハードディスクの容量が40GBであったとすれば、DVDならば12枚、CD-Rならば60枚もの量が必要になります。
作業の手間と時間を天秤にかけると、データ復旧保存先ハードディスクにするのが現実的のようです。

外付けハードディスクに保存する場合の費用


100GB以上の外付けハードディスクなら費用は1万円前後で購入ができます。
作業は多少面倒ですが、デスクトップパソコンであるなら、内蔵型ハードディスクも使用できます。
ハードディスクならデータ復旧後も増え続けるデータの保存用として再利用することもできます。

2台目のハードディスクがない場合でもデータ復旧できる


パソコンに内蔵されたハードディスクの構造によっては、2台目のハードディスクがなくてもデータ復旧できることがあります。
ハードディスクが複数の領域に分割され、Cドライブの他にDドライブがあるような場合です。
Windowsの復旧に使用するリカバリーディスクはCドライブだけを初期状態に戻すことが一般的です。
同じハードディスク内であってもDドライブのデータは保持されます。
そこで、Cドライブ中の消えてしまっては困る大切なデータはDドライブに予めコピーしておくのです。
この方法を使えば、リカバリーを行ってもデータは残ることになります。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

データ復旧フリーソフト

Author:データ復旧フリーソフト
データ復旧方法の紹介とデータ復旧フリーソフトを使い復旧する方法をお伝えします。

データ復旧の記事

データ復旧のカテゴリー

POWERED BY GOOGLE

ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。