POWERED BY GOOGLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリケーションデータのデータ復旧

エクセルワードの復旧方法

アプリケーションデータは、それぞれ専用のフォーマットで作成されてますので、決められたアプリケーションで開くことが前提となっています。
例えば、ファイル拡張子が「.doc」になっている場合はワードで、「.xls」になっているファイルはエクセルで開くことが一般的です。
そのため、それらの専用のアプリケーションが正常に動作しないと、ファイルそのものを開くことができないことがあります。
また、これらのファイルの大半は、データが部分的に破損してしまっただけでも、ファイルそのものを開くことができなくなります。
アプリケーションに問題があるならば、アプリケーションを再起動させてみます。
ファイルが破損しているのであれば、ファイル修復ツールで修復するのもいいかもしれません。

アプリケーションデータにはその元になるファイルフォーマットがあります。
エクセルならばCSV形式です。
ワードならばRTF形式と呼ばれるファイルフォーマットがそれにあたります。
ファイルが開かない時は、データ復旧する方法として拡張子を変えて読み込んでみるのもいいかもしれません。
エクセルならば「.xls」という拡張子を「.csv」に変更します。ワードならば「.doc」という拡張子を「.rtf」に変更します。
エクセルデータをAccessで読み込んでデータ復旧するという方法もあります。
Accessはデータテーブルとしてエクセルデータを取り扱うことができます。
それを利用すれば、エクセルでは読み込めなかったデータのデータ復旧が可能なことがあるようです。

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑

プロフィール

データ復旧フリーソフト

Author:データ復旧フリーソフト
データ復旧方法の紹介とデータ復旧フリーソフトを使い復旧する方法をお伝えします。

データ復旧の記事

データ復旧のカテゴリー

POWERED BY GOOGLE

ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
はてなRSSに追加

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。